News

18.03.14: 大規模な角度分解測定について

インスツルメントシステムズ社のLGS1000は、ランプや照明機器のみならず、大型LEDモジュールやSSL製品の配光特性測定装置です。 フラ ンクフルトで行われる今年の”Light+Building Fair"で、当社は最大級のゴニオメーターのキーアップグレードを出展します。

LGS1000は、フォトメーターとセットであれば従来のゴニオフォトメーターのように、分光器とならば高度な分光ゴニオメーターとして使用できます。光度の配光特性、光束、色度や演色評価数といった重要な特性が測定できます。

オプションアクセサリーとして新たに開発された光束インテグレーターは、ランプや照明機器の特性を、要求された点灯の向きで測定できます。更なるベ ネフィットは、より早くより正確な測定ができる点です。さらに、インスツルメントシステムズ社では、測定データがその位置によって変化してしまうサンプル に対して革新的な補正手順を踏みます。低保守で省スペースな測定システムに重きを置くならば、LGS1000は点灯の向きの補正とともに大型で高価な回転 ミラー式ゴニオフォトメーターの現実的な代わりとなり得ます。

新しいオプションアクセサリーとともに、ゴニオメーターの基本バージョンには沢山の利点があります。アクセス用ステップは、直径2mで質量50kg のサンプルでも簡単に組み込めます。強固な大きさにもかかわらず、LGS1000は通常の天井高の研究室で調整できます。正確な角度エンコーダーを持つ2 つ同時に制御されたサーボモーターは、僅かな振動で同時の動きを促進します。サンプルポジショニングの再現性は、定格負荷状態でも0.1度以下です。
括的なSpecWin Proソフトウェアがあれば、測定データの簡単な評価やレポートが可能になります。電気装置やサンプルの測定に向けたターンキーソリューションとともに、 SpecWin Pro ソフトウェアは照明業界にとっては重要なIESEULUMDATフォーマットを出力できます。