News

UVA LED測定のスペクトル対数グラフ

UVA LED測定のスペクトル対数グラフ:(赤)アレイ分光器の迷光補正なし (青)アレイ分光器の迷光補正あり (緑)ダブルモノクロメーター

18.03.16: 迷光補正がUV-LEDのより正確な測定を可能にします

インスツルメントシステムズ社は、アレイ分光器の校正過程に迷光補正を迷光補正をもたらした先駆者です。 

インスツルメントシステムズ社(ミュンヘン)は高精度光計測機器システムの開発および製造におけるリーダー的存在です。アレイ分光器の校正中に迷光補正の新しいオファーとともに、当社は現在広大なマーケットのお役に立つトップ企業となっています。校正の過程で迷光補正マトリックスを含むことにより、迷光を10のマイナス5乗倍まで抑えることができます。補正校正後のUV領域での10%高い感度は、放射分析測定の約3-4%高い正確さにつながっています。UV-LEDの放射値のより正確な測定が特性評価や発展を促進し、これらの放射源のさまざまなアプリケーション(例えば、コーティング、硬化、消毒や生体臨床医学の分野での)をサポートします。

白色またはカラーLEDのx,y色度の分析において、インスツルメントシステムズ社の迷光補正機能は高品質なアレイ分光器の測定精度において、0.0015から0.0020程度の改善を達成しました。光生物学的安全性、とくに人間の目に対する青色の光の危険性の評価のために、迷光補正アレイ分光器は改善された測定精度とダイナミックレンジをもたらし、モノクロメーターにコスト面で有利な代替品となります。

迷光補正は、インスツルメントシステムズ社での校正前に一度行われ、その後はSpecWin Proソフトウェア(バージョン3.1)によって自動的に測定波長に適用されます。  

(更なる情報は下記へ: www.instrumentsystems.com/straylightcorrection)