News

21.05.14: Richard Distlが後継者に道を譲る

Instrument Systems社を設立して28年、Richard Distlはこの5月に会社を去ります。彼の後任として、Markus Ehbrecht博士がCEOに就任します。 

1986年に開催されたドイツの若者向け科学コンテスト “Jugend Forscht”に端を発したRichard Distlのプロジェクトは、輝かしいグローバル企業に形を変えました。
今や、当社は148名の従業員とドイツ国内に2つの事業所を持つ光計測のマーケットリーダーです。世界中の大手企業や先進研究機関にとって、Instrument Systems社の測定装置はLED、ディスプレイ、その他光源や製品の評価にはなくてはならないものとなっています。 

201212月、Richard DistlInstrument Systems社をコニカミノルタ株式会社に売却しました。現在、その移行も最終段階を迎え、彼は531日をもってInstrument Systems社を離れます。“離れるのが難しいとしても、今がその時だ。”Richard Distlは語ります。
“全従業員、お客様やこの驚くべき成功をもたらしてくれた協業者に感謝します。” 

Markus Ehbrecht博士がCEOを引き継ぎます。物理学博士である彼は、今年の1月からInstrument Systems社の経営陣として働いています。
Ehbrecht博士は経験豊富で有望な後継者であり、まさに会社を未来へと導いてくれるにはうってつけの人物です。”Richard Distlは語ります。“私自身とInstrument Systems社やLED、ディスプレイ業界との関係は続くし、あらゆる科学の組織や委員会で積極的な役割を演じ続けます。”