放射量と測光量

放射量または
測光量

公式

放射量の定義

放射力[W]
光束[lm]

Φe/v = dQe/v/dt

放射力Φeは、光源が放射する単位時間dtあたりの合計電力dQeで表されます。

放射強度[W/sr]
光度
[lm/sr = cd]

Ie/v = dΦe/v/dΩ

dΩ = dA/r²

放射強度Ieは、放射される単位立体角dΩあたりの放射力dΦeで表されます。 単位立体角dΩは、球の表面積dAと球の中心から球の表面までの距離r²から計算します。

放射照度[W/m²]
光度[lm/m² = lux]

Ee/v = dΦe/v/dA

放射照度Eeは、光源ではなく検出器領域のスペースに関係する放射量です。 放射照度は、放射力dΦeの比率と検出器領域の面積dAから計算します。

放射輝度[W/sr m²]
輝度[cd/m²]

Le/v = dΦe/v/dA dΩ

放射輝度Leは、点ではなく広がりをもった光源で測定し、単位立体角dΩあたりの面積dAから放射される放射力dΦeで表されます。

注意: 下付き文字の"e"は"放射"、"v"は"測光"を指します。

測光ではV(λ)曲線に従って、波長λの関数である放射量と人の眼の感度関数を380 nm~780 nmの波長範囲に畳み込みます。 その後、放射力Φe(λ)を以下のように積分して、測光量の光束Φvを求めます。

光束Φvの単位はルーメン[lm]です。 係数Km = 683 lm/Wは、(物理的な)放射単位ワットと(生理的な)測光単位ルーメンとの関係を規定します。 その他の測光量もすべて、V(λ)曲線に従って重み付けした放射量の積分から求められます。