透過と反射 - 幅広いアクセサリーで用途拡大

Instrument Systemsは、光学部品や光学面の拡散透過や正透過、反射を測定するためのアクセサリーを幅広く用意しています。 これらのアクセサリーは、光ファイバケーブルで分光器に接続できます。 アクセサリーの交換は簡単にできるため、単一ユニットに光源、サンプルコンパートメント、分光器を組み込んだ従来の分光測光器に比べ、用途を柔軟に広げることができます。

Instrument Systems社製の光学分光器は、特に以下の用途で使用されます。

  • 光起電力: 太陽電池の反射率
  • 光学工業: 光学フィルタと光学レンズのコーティング
  • 研究: 液晶とポリマの分析
  • 自動車産業: 金属塗料の分析

鏡面測定と拡散測定のどちらが必要かによって、分光測光試験・測定手順に適用するアクセサリーは異なります。

  • 正透過 TRA100
  • 可変角度での正透過と正反射 GON360
  • 45°/0°形状での拡散反射 RMH45
  • DIN 5032に基づくd/0°、d/8°、8°/dでの拡散透過と拡散反射 ISP150

ソフトウェア SpecWin Proによって、スペクトル値の分析が便利になるほか、(L*a*b*表色系とDeltaEを含む)総合的な測色評価が可能になります。