UV光測定 – その課題に向けて

UV放射は、200nmから400 nmという大変短い波長の電磁放射で目に見えないものです。関連するUV波長範囲は、通常UVA(315-400 nm)、UVB(280-315 nm)、UVC(200-280 nm)の3つに分類されます。殺菌効果や光分解といった各々の特性をもとに、UV放射は大気浄化や浄水、工業製品や化粧品の硬化、室内ガーデニングや表面検査など、広く活用されています。

過去10年にわたり、UV LEDは従来のUV光源に変わるとても魅力的なものとして市場に君臨しています。小さな家屋では経済的かつ省エネとなる設備です。これらのメリットが新たな分野でのアプリケーションや浄水といった消耗品マーケットであっても大量のユーザーの獲得につながったのです。

UV LEDの進化とその生産にはとても課題が多いのです。とりわけ、UV-BとUV-Cの分光範囲が該当します。この取り組みは、発行波長の短縮による発行強度の減少で明白になります。 ゆえに、光学測定装置に必要とされる感度と正確性はとても高いです。

インスツルメントシステムズ社では、200 nmから始まるUV-A、UV-B、UV-C放射を高品質かつ高性能に測定可能な完全なるソリューションをお届けします。以下の内容です。

  • 大成功を収めたインスツルメントシステムズ社の分光測光器
  • 高いUVスループットを実現するPTFE積分球シリーズ
  • 自己吸収補正ランプ
  • 測定用アダプターやアクセサリー類

これらの測定ソリューションや機材は、研究所や生産アプリケーションでのUVスペクトル領域における高感度測定、高精度かつ高安定性測定の実現に向け設計されています。

さらにインスツルメントシステムズ社では、より一層測定パフォーマンスを高めるための最新ノウハウや方法をご提供します。とりわけ、PTBにトレーサブルな校正証明書やオプションである最新迷光補正機能らは、UVスペクトル領域での高精度と高い信頼性という面での付加価値をお客様にお届けします。

当社のUV LED測定ソリューションには幅広い設備とアクセサリーあり:

Icon Pfeil  UV用PTFE積分球シリーズ

Icon Pfeil  PTBにトレーサブルな校正証明書付き分光測光器

Icon Pfeil  迷光抑制用の最新式迷光補正機能

Icon Pfeil  LEDの素早い挿入や交換が可能なテストソケット

Icon Pfeil  自己吸収補正用光源

Icon Pfeil 生産アプリケーションに最適な研究用途ソフトウェアスイートコマンドライブラリー

UV測定 – 迷光補正の重要性

アレイ分光器の検出器がUV領域とIR領域では低い感度しか持たないことから、校正光源のスペクトルの迷光補正におけるインパクトはその領域ではとりわけ明白になります。測定データは基準スペクトルと測定されたスペクトルの比率を基に算出されるので、迷光を原因とするエラーは感度のより低い領域では強化されます。 このように、迷光補正はUV LEDの放射測定評価におけるハイレベルな精度にそのまま繋がっているのです。