増々重要に – イメージング色彩輝度計

空間特性と共に測光や測色項目を素早く記録するためのイメージング色彩輝度計の使用は重要度を増しています。分光器のような、空間特性なしの測定器と比較して、この技術には次の利点があります:

  • 単一画像における多数測定が一挙にできることによる大幅な時間短縮が可能です
  • 包括的な画像処理ソフトウェアが、均一性やコントラストの計算を自動分析してくれます

イメージング色彩輝度計は以下の用途に適しています:

  • 自動車のパネル、スイッチ等の輝度と色分布測定
  • 均一性、コントラスト、フラットパネルディスプレイのむら測定
  • 一般的な照明に用いられるランプや照明器具の均一性分析
  • 小型ランプや照明器具の輝度分布曲線の測定

インスツルメントシステムズ社は、LumiCam1300シリーズの上記アプリケーションに特化した高機能なソフトウェアを開発しました。

LumiCam 1300シリーズ:

LumiCam 1300 Mono: 高い信頼性と精度で測定を行うコンパクトな輝度計
LumiCam 1300 Color: 輝度と色度測定用にカラーフィルターが追加されたモデル
LumiCam 1300 Advanced: 輝度と色度測定を最高の精度で行う上位モデル

詳細は、新LumiCam1300シリーズのカタログをどうぞ。

LumiCam 1300 Advanced 介紹 (英語)

イメージングカラー測定

色度測定では、対物レンズやV(λ)あるいは組み込まれている三刺激値フィルターを用いて測定対象物をCCDセンサーで表示します。測定の最終段階では、測定器の視野内におけるピクセル毎のトレーサブルな輝度値や色度値を得られます。複雑なイメージングコンテンツの分析がPC画面上で簡単に、素早く、正確かつ再現性よく実行できます。内蔵フィルターを人間の目に対応する分光応答度に近似させる調整のクオリティーが、測定器の測定精度を左右します。多くの測定器には人間の目に対応する分光応答度に相当する三刺激値X,Y,Zを算出するための3種類のフィルターがあります。しかし、 にはひとつのフィルターだけでは正確に表すことのできないスペクトル乖離領域が2つあります。それゆえ、イメージング色彩輝度計LumiCam1300シリーズには少なくとも4種類のフィルターを装備しています。とりわけフラットな対象物の測定には、LumiCam 1300シリーズはまさに分光器に取って代わる存在となります。