分光器 - 優れた測定システムの基礎

光学分光器は光放射の分光特性を分析するものです。 このタイプの測定装置に光学プローブを増設し、絶対校正を適用すると、分光放射計になります。 分光データの放射量、測光量、測色量はいずれもソフトウェアで計算するため、分光器の品質と精度は非常に重要です。 Instrument Systemsが技術の最先端に立ち続けるため、この分野に研究開発力のほとんどを注ぎ込むのは、このような理由からです。

回折格子は光学分光器の中核を成します。 これは分析する光放射をスペクトル成分に分割し、その空間的に分割した成分を検出器に投影します。 Instrument Systems社製の光学分光器には下記の2つのタイプがあります。

  • 固定回折格子と検出器アレイを備えたアレイ分光器
  • 単一検出器と回転回折格子を備えた走査型分光器

分光器の各モデルの概要

モデル

種類

用途分野

特徴

MAS40

CCDアレイ

低コストのエントリモデル

USBインターフェイスからの電源供給。暗電流測定、減光フィルタの変更を手動で行います。

LEDステーション

CCDアレイ

LED測定用ターンキーMAS40

光度、光束、空間放射パターンのアダプタは、フランジに直接マウントします。

CAS120

CCDアレイ

QCおよびLED生産テスト

UV/VISおよびVISモデル。暗電流シャッタと減光フィルタホイールを内蔵し、非常に堅牢、短時間で測定が可能です。

CAS140CT

CCDアレイ

研究機関とQCのベンチマーク

200~2150 nmの各種モデル。暗電流シャッタと減光フィルタホイールを内蔵し、非常に高い精度と信号感度を発揮します。

 

 

アレイ分光器

固定回折格子と検出器アレイ(CCDセンサなど)から成ります。 スペクトル全体を検出器アレイで同時に取り込むので、ミリ秒単位の非常に短い時間で測定が可能です。 アレイ分光器は非常に堅牢で、工業用途に最適です。 たとえば、MAS 40、CAS 120、CAS 140CT、CAS 140Dがあります。