CAS140CT - アレイ式分光器の標準

すでに第3世代となるCAS140CTは、世界で最も成功したInstrument Systems社製アレイ式分光器です。 この装置は、高い精度と光学機械的に堅牢な設計、簡単な操作性を兼ね備えています。 それだけに用途は、24時間操業の製造現場から校正研究所の基準計測器まで広範に及びます。
CAS 140CTアレイ式分光器
CAS140CTの中核は、新しく開発されたクロスツェルニターナ型分光器です。これにはハイエンドの裏面照射型CCD検出器が組み込まれています。 この分光器の設計によって迷光が効果的に減少し、ダイナミックレンジと測定精度が大幅に向上します。

CAS140CTはNDフィルタホイールを組み込み、測定密度範囲を4桁以上に拡大した唯一のアレイ式分光器です。 光源が非常に弱い場合も強い場合も、測定値を全自動で取得できます。

特長:

  • 200~2150 nmの各波長に対する各種モデルあり
  • 最高の感度と信号安定性を実現するハイエンドの冷却式・裏面照射型CCD検出器
  • NDフィルタホイールによる広いダイナミックレンジを実現
  • 暗電流測定用シャッタを内蔵
  • ミリ秒領域の取得時間
  • USBとPCIからインターフェイスを選択可能
  • 研究機関・製造業向けソフトウェアソリューション

用途:

  • LED、ディスプレイ、フラッシュランプをテストするシステムソリューション
  • UV-VIS-NIR領域の分光放射測定
  • 研究機関向け汎用分光器
  • 生産ラインの工業品質管理

注文情報:

モデル

測定波長範囲[nm]

ピクセル数

スペクトル
波長幅
[nm] *)

波長分解能
[nm]

裏面入射型CCD検出器

CAS140CT-151

360 - 830

1024 x 128

2.2

0.5

CAS140CT-152

200 - 800

1024 x 128

2.7

0.6

CAS140CT-153

380 - 1040

1024 x 128

3.0

0.65

CAS140CT-154

220 - 1020

1024 x 128

3.7

0.8

CAS140CT-155

750 - 1050

1024 x 128

2.0

0.3

CAS140CT-156

300 - 1100

1024 x 128

3.7

0.8

InGaAsまたは拡張InGaAs検出器

CAS140CT-171

780 - 1650

512

9

2.1

CAS140CT-175

1500 - 2150

256

15

3

*) 100µm標準スリットの数値。50µmスリットの場合は表示値のおよそ2分の1となります。

CAS 140CTの光学設計

クロスツェルニターナ型分光器は、機械的に堅牢なブロックに格納されています。 入射光はまず凹面鏡によってコリメートされ、回折格子に誘導されて空間的に複数のスペクトル成分に分割されます。 そのスペクトル成分が2次凹面鏡によってCCD検出器の複数のカラムに集束します。このようにして入射光のスペクトルを一度の取得で取り込みます。