EOP - 分光放射照度測定用の拡散板付き光学プローブ

Instrument Systemsは、放射照度と照度の測定や分光器への光結合全般に対応する光学プローブを幅広く用意しています。 これらのプローブの主な違いは、射入射光特性、光スループットの程度、波長範囲にあります。 どの光学プローブにも入射光を拡散させる拡散板が内蔵されています。 拡散板の後ろに光ファイバーの入射面があり、これが光を分光器に結合する役割を果たします。

EOP光学プローブ

特長:

  • フレキシブルな光ファイバーコネクター
  • 射入射光特性や光スループットに応じたラインナップ
  • 視野角が5.7°に固定された特殊バージョンあり

分光放射照度プローブの概要:

モデル

射入射光特性

光スループット

波長範囲

用途

バンドルファイバコネクタ付属

EOP-146

良好

中程度

190 ~2500 nm

面光源

EOP-120

中程度

良好

190 ~1700 nm

汎用

EOP-121

中程度

良好

190 ~1700 nm

汎用、フラット設計

EOP-140

190 ~2500 nm

微弱光

EOP-542

なし

190 ~2500 nm

5.7°視野角

SMAファイバーコネクタ付属

EOP-350

非常に低い

良好

1000 ~5000 nm

IRスペクトル領域

積分球

ISP40-101

優良

220 ~2500 nm

UV測定用のスペクトラコーティング

ISP40-102

優良

240 ~2600 nm

広いスペクトル範囲、BaSO4コーティング

一般的な用途には、射入射光特性と光スループットのバランスに優れているという理由から、EOP-120/EOP-121シリーズ(後者は側面にバンドルファイバコネクタ付属)をお勧めします。

面光源の場合、EOP-146と同様に光スループットが低く、非常に良好な射入射光特性が必要です。

光学プローブEOP-140は高い光スループットを必要とする用途のみにお勧めします。 視野角を5.7°(直射日光の測定に通常使用する視野角)とする測定には、EOP-542が使用できます。

ISP 40積分球

Instrument Systemsの積分球ISP40は、集光全般と放射照度測定のために開発されました。 ISP40は平行ビーム(たとえば光学画像システム、光ファイバー、内視鏡が生成する光線)の分析に最適です。 積分球にある固有の"積分"機能により、取り込まれた光線はすべて発散光か収束光かにかかわらず光ファイバーに入射され、分光器に結合します。

ダウンロード

射入射光特性

測光の基本どおり、光源が検出器の表面に垂直に配列されているとすれば、分散光源の放射照度を正しく測定できるのは、検出器の信号感度が入射角のコサインに応じて変化する場合のみです。

E = E0 x cos(α)

E : 入射角(α)の放射照度
E0 : 垂直入射時の放射照度
α : 入射光線と検出器法線との角度

原則として、射入射光特性が高いほど光スループットは低くなります。