RMH45 - 反射率測定ヘッド

Instrument Systemsの反射率測定ヘッドRMH45は、便利で安価な反射率測定用アダプターです。 当アダプターを使用すれば、テストサンプル表面の正反射率(入射角45º、測定角45ºの配置)と拡散反射率(45ºと0ºの配置)の両方を測定できます。

RMH45 反射率測定ヘッド

特長:

  • 拡散反射の形状は45º/0º
  • 正反射の形状は45º/45º
  • 波長範囲380~2200 nm用のハロゲンランプ
  • 外部光源用の光ファイバーコネクター

測定に先立ち、反射率標準を使用してベースラインを設定してからテストサンプル上で反射ヘッドの位置決めをすることが重要です。 正反射と拡散反射のどちらを測定するのかによって、バンドルファイバをRMH45の45°または0º測定ポートに接続にします。

光源のオプションとして、 測定ヘッドに固定された小型の10WハロゲンランプとInstrument Systems社製LS100/LS500シリーズの光源用ファイバーコネクターのいずれかを選択できます。 ファイバーの選択に応じて紫外域から220nmまでの測定が可能です。