ISP150 - 拡散透過と拡散反射の測定

Instrument Systemsの積分球ISP150は、散乱物体やテストサンプルの透過と反射の測定に最適です。 ISP150の設計は拡散反射測定の規格DIN 5036に準拠しています(150 mm内径、25 mm入射ポート、入射角8°)。 ISP150のコーティングは硫酸バリウムを原料としています。

ISP150積分球

ISP150はフレキシブルなセットアップにより、さまざまな測定形状に合わせてすばやく簡単に再構成できます。 着脱式ビームトラップを使用して、測定に鏡面素子(グロス)を組み込むか否かを選択することもできます。

測定形状

照明

測定

用途例

反射(d/8°)

拡散

8°、グロスあり

生地サンプル

反射(d/8°)

拡散

8°、グロスなし

光沢サンプル

反射(8°/d)

拡散、グロスあり

太陽電池

反射(8°/d)

拡散、グロスなし

太陽電池

透過

拡散

透過サンプル

拡散照明や透過照明を使用する測定形状の場合、ハロゲン光源を積分球に直接取り付けます。 それに対して、8°での照明にはLS100/LS500シリーズの光源を使用します。 光ファイバーで光放射をコリメート光学系に誘導すると、サンプル表面に向かって光線が収束します。

ISP150の設計

複数のポートを使用することにより、さまざまな測定形状が実現します。

  • 0° テストサンプル
  • 90° ハロゲンランプまたはファイバーコネクタ
  • それぞれ172° ファイバーコネクタまたはハロゲンランプ
  • 188° ビームトラップ