DMS 201 – コストパフォーマンスの高い手動ゴニオメーター

DMS 201はディスプレイの電気光学特性を解析するためのコストパフォーマンスの高いゴニオメーターです。 測定システムは、2軸(オプションで3軸)を使って手動位置決め装置に基づいており、様々な電気駆動条件と様々な観察角度で輝度、コントラスト、色の特性を測定するために使用されています。 DMS 201は、自動化された角度のスキャンを必要としないアプリケーションに最適です。

DMS 201手動ゴニオメーター

特長

  • 発光、透過、反射と透過反射ディスプレイの特性評価
  • 手動軸2本(オプションで3軸本)ゴニオメーター、PCとソフトウェア
  • 付属品: フォトメーターや分光器、電気駆動、照明ユニット
  • 強制空気恒温室(オプション)
  • 電気駆動条件、温度、時間、観察角度に対してのすべての測光と測色特性の分析
  • 机置きバージョン(標準)またはスタンド付バージョン(オプション)

主な仕様

DMS 201

ゴニオメーター/位置決め方式

手動軸 2本(オプションで3本)

最大サンプルサイズ

500 (長さ) x 400(幅) mm (16:9パネルで対角線長23インチ):中心測定の場合

250 (長さ) x 200(幅) mm (16:9パネルで対角線長11.5インチ):中心測定の場合

最大サンプル厚さ

240 mm

サンプル方位

水平方向(180°回転)

測定光学系

顕微鏡の観察光学系(標準)

ディテクター

光度計PMT3(オプション)
分光計(オプション)

照明

拡散透過照明と半球反射照明(標準);
反射特性(例えば反射率)の評価のための方向性照明 (オプション)

測定スポットサイズ

0.5 / 1 / 3 / 8 mm

本体大きさ

約790(長さ)x 500(幅)x 580(高さ)mm

エレクトロニクスラック大きさ

約750(長さ)x 600(幅)x 700(高さ)mm

本体質量

約35 kg

エレクトロニクスラック質量

約50 kg

ダウンロード