DMS 505 – 中小ディスプレイ特徴評価用の標準システム

DMS 505は6軸(電動軸3本、手動軸3本)のゴニオメータをベースにされています。この 測定システムは様々な観察角度及び可変電気駆動条件にたいして、輝度、コントラスト、色特性などのすべてのディスプレイ電気光学特性の角度依存性分析を可能にします。 DMS 505は、照明装置及び恒温室などの幅広いアクセサリーラインで、モバイルアプリケーション向け(スマートフォン、タブレットPCなど)のディスプレイの特性を測定するための理想的なシステムです。

     DMS 505 Goniometer

特長

  • 発光、透過、反射と透過反射ディスプレイの特性評価
  • 完全なシステム:6軸位置決め方式、電気制御、フォトメーターや分光器(オプション)、照明光源、PC、ソフトウェア
  • 電動軸3本(傾斜、方位角、及び測定ヘッドの高さ調整)
  • 強制空気恒温室(オプション)
  • 電気駆動条件、温度、時間、観察角度に対してのすべての測光と測色特性の分析

主な仕様

DMS 505

ゴニオメータ/位置決め方式

電動軸3本(傾斜、方位角、及び測定ヘッドの高さ)
手動軸3本(XY位置決めや反射照明光源の傾き)

最大サンプルサイズ(対角)

600 mm (対角線長23インチ):中心測定の場合;

459 mm (対角線長18インチ)x-yレンジ全体走査の場合

最大サンプル厚さ

100 mm

サンプル方位

水平方向(360°回転)

デテクター

光度計PMT3(標準)
分光計(オプション)

照明

拡散透過照明と半球反射照明(標準);
反射特性(例えばBRDF)の評価のための方向性照明 (オプション)

測定スポットサイズ

0.5 / 1 / 3 / 8 mm

本体大きさ

約1430(長さ)x 980(幅)x 1650(高さ)mm (遮光ボックスを含む場合は高さは1,900 mm)

エレクトロニクスラック大きさ

約700(長さ)x 560(幅)x 1250(高さ)mm (最大)

 

本体質量

約320 kg

エレクトロニクスラック質量

約105 kg

 

 

ダウンロード