DTS140 NVIS - MIL-L-85762A / MIL-STD-3009に準拠した新しい測定標準

アレイ式分光器CAS140CTの世界的な成功を踏まえ、Instrument Systemsはディスプレイとパネルをそれぞれの規格MIL-L-85762AとMIL-STD-3009に準拠してテストするためのDTS140 NVISを開発しました。 この装置には輝度測定用プローブTOP200によって光が効率よく受放射されます。

DTS140 NVISディスプレイ測定用システム

DTS140 NVISはアレイ式分光器の堅牢な技術的特性のゆえに、長期の信頼性と簡単な操作を必要とする製造や品質管理の用途に最適です。 SpecWin Proソフトウェアが備える合否試験機能により、測定を自動化することができます。

特長:

  • MIL-L-85762A / MIL-STD-3009の要求基準を超える適合性
  • 従来の走査型分光放射計(LEDおよび白熱パネル用)に対応
  • 改良されたプリチャード光学系により、測定スポットの理想的位置決めを保証
  • 視野角の広いアラインメントカメラを内蔵
  • ソフトウェアから絞りと減光フィルタを選択可能
  • 新しいSpecWin Proソフトウェアにより、結果の分析と文書作成が便利

DTS140 NVISの技術仕様:

 

DTS140-235

測定波長範囲

380 ~1040 nm

波長精度

+/- 0.5 nm

迷光(LED用)

5*10E-5

PC接続性

USB 2.0、光学式PCIインターフェイスカード

フィルタホイール

減光フィルタND1~ND4

偏光特性

< 0.4 %

HRL90レンズによる測定スポットサイズ

0.075/ 0.15 / 0.3 / 0.5 mm

 

 

DTS140 NVIS技術

NVIS測定では、スペクトルの可視域と近赤外域の非常に大きい光度差(それぞれ380~780 nmと650~930 nm、後者はNVG〔暗視ゴーグル〕の感度範囲)を正しく測定することが不可欠です。 CAS140CTの改良には、異なる信号強度を処理するための測定感度の自動調整と迷光の抑制が含まれます。