ACSシリーズでのLED校正基準

LED計測業界のリーデンング・カンパニーとして、インスツルメントシステムズ社はさらにLED校正スタンダードをご提案します。ACS-570シリーズは、光度の測光量や平均LED光度や光束測定用として構築されています。ACS-585は輝度校正に適しています。いずれのLED校正スタンダードを用いても、色度x、yをさらに検証できます。

LED校正スタンダードは、当社の測定システムにおける校正チェックを簡単かつ確実にできます。必要ならば、絶対測光量をCIEが推奨する代替方法にて再校正することもできます。

ACS_LED calibration standards

特長

  • 低い熱伝導率と共に組み込まれた、温度安定型の冷却式ハイパワーLEDが高レベルの測光的安定性を保証します。 
  • 校正は国家基準にトレースしています
  • 測定器の再校正作業はお客様のお手元でできます
  • 0.5%の測光安定性が少なくとも100使用時間にわたり維持されます
  • PSU 10コントロールユニットを使用すれば、マニュアル設定がなくなり操作安定性が抜群に高くなります
  • 電源、温度安定期、ソフトウェアといった包括的ソリューション

ACS-570の特長

  • 光束と平均光度の基準値、PTB(ドイツ国立標準計測機関)規格へのトレーサブル(DIN ISO 17025準拠)         
  • 色度、主波長と色温度の仕様あり
  • 三元色の赤、緑、青および白があります
  • 赤外での放射束用校正基準が2017年秋から実用可能です

ACS-585の特長

  • 輝度の基準値
  • 色度、主波長と色温度の表示あり
  • 全ての輝度計に関するフィルターや光学的面でのサポート体制

仕様

ACS 一般ACS-570             ACS-585
LED主波長(nm)または色温度 Tn [K]平均LED光度光束輝度
5000 - 6000 K15 - 20 cd15 - 20 lm400 - 600 cd/m²
480 nm5 - 10 cd 5 - 10 lm-/-
530 nm15 - 20 cd15 - 20 lm-/-
622 nm8 - 12 cd 8 - 12 lm-/-
基準点の温度35℃で±0.05℃
経時変化0.1%/12時間、0.5%/100時間
色度の経時変化0.0002/12時間、0.0005/100時間(x,y)
接続D-Sub 25ピン(PSU-10のACS接続時)
USB(PSU 10のPC接続時)

注意:値は全てTypical値です。

ダウンロード

置換法

置換法とは、実際の測定対象物とできるだけ特性の近い装置を参照標準器で校正することです。 これは国家標準に準拠して校正を直接参照する厳密な方法です。
LEDが標準測定条件に定める点光源ではなく、LEDのスペクトルパワー分布や空間放射パターンがハロゲンランプの場合と著しく異なれば、LEDのみを測光・放射測定の絶対校正の基準として使用できます。