CAS 140D - 分光測定の新基準器

CAS 140Dは、世界的に大成功を収めたインスツルメントシステムズ社のハイエンドアレイ分光器の第四世代にあたります。測定の正確性と信頼性という観点でのCAS 140CTのさまざまな強みと、あらゆる環境下でも繰返し性と安定性が高まるような継続的な技術の最適化を結びつけました。

CAS 140D

その結果、当機は国立の校正ラボでの標準機から連続運転環境下まで、さらにいっそう多様なアプリケーションを提供します。豊富なアクセサリー類は、CAS 140Dが幅広い分光測光的または高度的な測定タスク用に完璧なシステムを形作るために役立ちます。現代的なハウジングと進歩を遂げた光学的でメカニカル なデザインにより、当機はさらにいっそう機能的に、しかしながらより小型化し、既存の測定環境により簡単に組み込むことができます。

特徴:

  • 冷却されたバックライト型ハイエンドなCCDディテクター 
  • 積分時間の4 msへの短縮
  • 最小限の迷光と改良されたスループット
  • 減光フィルターホイール内蔵
  • USB、PCIe、またはイサーネットインターフェース
  • 「Plug & play」アクセサリー認識

Accredited Color Quality

  • Instrument Systems test laboratories accredited to ISO 11664 for colorimetric quantities.
  • Highly accurate measurement of correlated color temperature (CCT) and color rendering index (CRI).
  • Traceable measurement uncertainties of chromaticity coordinates only ±0.0015

    More information

Stray light correction

The application of a stray light correction matrix for the CAS 140D suppresses the stray light by an order of magnitude down to 10-5. In particular in the UV range the calibration is more precise. 3-4% higher radiometric precision is obtained in UV sources and up to 0.0005 more accurate determination of colour coordinates in visible LEDs.